まつ毛パーマとは

まつ毛パーマとは

専用のパーマ剤と器具を使ってパーマをかけ

自まつ毛にカールをつけていく施術

こんな方におすすめ

*下向きまつ毛を上げたい

*自まつ毛を生かしたメイクをしたい方

*ナチュラルがいい

使用する薬剤

当店の使用するパーマ剤は日本製の化粧品登録されているパーマ剤です。

美容液成分が入っているので、まつ毛を労りながらパーマができます。

 施術の工程

  1. カウンセリング
  2. 保護のテープを貼る
  3. アイシャンプー、前処理
  4. ロッドにまつ毛一本一本をのりで貼り付ける
  5. 2種類のパーマ剤をまつ毛につけてそれぞれ浸け置く
  6. パーマ剤を落としてアフターケア

パーマの種類

当店では2種類のパーマがあります。

まつ毛パーマ

自まつ毛に丸みのあるカールの仕上がり

くるんとした可愛らしい目元に

■パリジェンヌラッシュリフト

根元からグッと立ち上げた仕上がり

自まつ毛の長さを強調できる

まぶたのリフトアップ効果がある

まつ毛パーマのメリット

①お手入れが簡単

②毎日のビューラーでの負担がなくなるので自まつ毛へのダメージが少ない

③比較的安価で手軽にできる


①お手入れが簡単

いつもご使用のクレンジング、洗顔が普段通りの方法でできるので特に気にしたりする必要はありません。

まつ毛エクステンションと比べると、お店によって使用してるグルーは様々。

そのほとんどがまつ毛エクステ使用可能のクレンジングでなければいけない場合も。

一方でどんなクレンジングも使用可能なので、普段使用してるものから変える必要はありません。ただ、シートタイプのクレンジングで目やまつ毛を強く擦る方だとダメージとなるので注意してください。

洗顔でも気にせずお顔をしっかり洗えるのでお手入れは簡単と言えるでしょう。

ただし強く擦ったりビューラーをあてると枝毛や切れ毛の原因になるでそこは注意が必要です。

②毎日のビューラーでの負担がなくなるので自まつ毛へのダメージが少ない

実は毎日のビューラーは自まつ毛にかなり負担になっています。

メイクの度に使用するだけで相当な負荷になるので切れ毛の原因や自まつ毛のキューティクルを傷めることになります。

なにをせずとも自まつ毛全体が上向きになるので朝のメイクの時短にも繋がります。

③比較的安価で手軽にできる

当店のまつ毛パーマは

ご新規様

*まつ毛パーマ  ¥4100
*パリジェンヌラッシュリフト  ¥5900

【再来】

*まつ毛パーマ  ¥4950〜
*パリジェンヌラッシュリフト  ¥7150〜
※エクステオフ 別途¥1100

でのご案内となります。

自まつ毛をビューラーで上げたような自然な印象になるのでエクステやパーマが初めての方でも手軽に挑戦しやすいのではないでしょうか。

まつ毛パーマのデメリット

①ダメージはゼロではない

②デザインの幅が少ない

③ダメージ毛だとかからない可能性もある


①ダメージはゼロではない

化粧品登録されているパーマ剤の使用、自まつ毛に合わせたロッド選定、放置時間を考えてますが、ダメージはゼロではありません。

短い周期でパーマをかけると自まつ毛にハリコシがでない細いまつ毛になる可能性もあるので一定期間空けてご来店ください。

②デザインの幅が少ない

マツエクのように真ん中長め、目尻長めなど選択できるデザインの幅がありません。

自まつ毛以上にボリューム感、長さは出せません。

よって、理想の目元に必ずなるわけではありません。

③ダメージ毛だとかからない可能性もある

極端にまつ毛が短い方、所々に切れ毛があるとカールがかからない場合も。

また、かけてもスッピンのときに少し物足りなく感じるかもしれません。

持続性

個人差やお手入れ状況にもよりますが、だいたい1か月〜1か月半ほど

初めてパーマをかける方だと、かかりにくい可能性もあるので持ちが更にら短く感じる方もいるかもしれません。

ご来店目安

毛周期によって徐々にまっすぐな自まつ毛が生えてくるので、

4週間後〜6週間後を目安にご来店下さい。

NG行動

①施術後のマスカラ

②ビューラーをしない

③自まつ毛を強く擦らない


①施術後のマスカラ

当日はカールがまだ安定してない為、マスカラはできるだけお控えください。

施術後はお仕上げにクリアかブラックのコーティング剤を塗らせていただきます。

②ビューラーをしない

まつ毛パーマ後に、『 もっとまつ毛を上げたい! 』とビューラーをしてしまう方がいると思いますが、切れ毛の原因となるので避けましょう。

34週間経つと新しいまつ毛が生えてくるので、バラツキが目立つ時はご来店頂くか、ホットビューラーをご使用ください。

③自まつ毛を強く擦らない

できるだけ、強く擦らないようにしてください。摩擦で切れ毛の原因となります。

ケア方法

皮脂や水分からまつ毛を守ってくれる効果のあるコーティング剤やまつ毛美容液の使用をおすすめします。

こうしたコーティング剤やまつ毛美容液を使うことで日中のダメージを軽減してくれるので、カールの持ちがよくなります

入浴後、洗顔後はまつ毛の水分を優しくタオルでおさえてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました